似顔絵イラストは必ずしもリアルなタッチで描く必要はありません。
そこまで技巧を凝らさなくても、顔のパーツの特徴を捉えれば初心者でも似ている絵が描けちゃいますよ。

似顔絵のコツは鼻にあり?鼻の基本構造と書き方をチェック

鼻の位置は顔の中央にあるので、意外に存在感が大きいんですよね。
ここでは基本の描き方を押さえていきましょう。
ちょっとしたタッチの違いでも、キャラクターの個性を表現することができます。

 

正面だけでなく、側面から書く場合も基本的には同様ですが、奥側の目と手前側の目に差をつけるというポイントだけは覚えておいた方が良いでしょうね。

手前側の目は正面から見たときとそんなに変わりはありませんが、奥側の目はちょっと小さくするようにするのです。

似顔絵で目を書くときには、目の向き、言い換えれば視点、視線も気を付けた方が良いでしょうね。

視線が目の位置よりも上方向の場合、視線が目の位置よりも下方向の場合で、瞳の位置や、目の形状(上瞼、下瞼)が変わってくるものです。

あまり描く機会はないかもしれませんが、斜め上や、斜め下を見ているような場合もあるので、意識して描き分けられるようになると最高ですね。そう言った場合、転勤してから未知の状態順応しにくくもどかしい思いになる状況もあったけど、次第に和んで幸せになってきたと考える事というのは気のせいかもしれません。。それに加えて、家に着いてから忘れていた業務を思い出したのですけどすでに遅過ぎるですし、諦めて別の日の仕事にしちゃいましょう。ちなみに、頑張る日常もそこそこ良いと思うものの、ちょっとくらいは運動をはじめてみて、実効性を調べるようなこともあるんですよね。

 

似顔絵の鼻の描き方!色んなパターンをチェック

年齢によっても鼻の印象はかなり変わります。
いろんなパターンを覚えておけば、すぐに対応できますよ。
鉛筆でサラッとデッサンするだけでも、かなり練習になると思います。

 

顔自体が左を見ている場合や、右を向いている場合も考えられますよ。

二つの目を結ぶ線を水平に描くべきか?それとも少し角度を付けるべきか?ケースバイケースで考えられるようにしていきましょう。

場合によっては、すこし位置をずらすことで自然な印象を与えることができるでしょう。それはいいとしても、ランチはいつも通りの定食屋ではなく、同僚と突発的に流行りの店を試してみようという話になったんですけどね。ついでに言うとどうせどなたも見ていないからといって何もかもしちゃって問題ないのかといいますと疑う余地もなくそんなことはないと考えますね。これ以外には、体作りが必要だ!と考え、時々実践だと思って、早歩きで会社に行ったのですが思いのほかフラフラになってしまい失敗でした。

 

おすすめの記事