初心者でも似顔絵を描くときのおすすめの道具を紹介します。
まずは、主線を描くペン。そして肌色などカラーを塗る画材もそろえていきましょう。

 

似顔絵の主線用ペンのおすすめの選び方

画材には筆のようなインクを使うものあります。
また、水彩のような絵の具や鉛筆もありますよね。

 

保育園で先生をやっています。この仕事ではもともとイラストを描く事って多いんですよ。

ちょっとしたイベントの時には飾りに絵を描くことも多いですし、普段でも子どもへの分かり易く伝えるためにイラストを描いたりします。そのため、クライアントとのプレゼンがありましたけど市バスがストップしてしまいちょっと間に合わずやっとの思い出職場に着いたらグッタリでした。そういえば、協議の終わりの後にはやる事がないはずだから素早く事務所から出て市街地に伺う心づもりです。それに加えて、散髪したいと思い立ったため、さしあたり美容院に電話すると、なんだかかなり繁盛しているようで、、、いつもより待たされそうなムードでした。

似顔絵でおすすめのペン3本!

アナログの色塗り道具といえば、色鉛筆や絵の具が代表的ですね。

でも困ったことに私って、あんまり絵が得意じゃなくて、ずっと苦手意識が強かったんです。

隣のクラスの先生がとっても絵が上手で、似顔絵を描いていたんですよ。

これはいいアイディアだと思ったので、相談して、書き方を教えてもらいました。似顔絵スキルを身につけてからはスムーズですね。なお、勉強にしろ何であっても、非常に単調なデスクワークは退屈なので、長い間こなすことは易しくないでしょうね。というか、あたしの同じ部署の先輩はずっと前に全員入籍していて幼稚園の子供たちがある方だって多いんですよ。忘れていましたが、最近はTV番組を確認することも控えて、あらかたは専門をを読んで過ごすように頑張っていますが、やっぱり世の中が分からなくなりますね。

色を塗るための道具・ペンはコピックがオススメ

イラスト初心者の場合は馴染みが薄いかもしれませんが、コピックスケッチはベーシックな方法です。
線を書いたり塗ったりする練習にも使えるでしょう。

 

まず、子どもって可愛く似顔絵を描いてあげるとかなり喜んでくれて、心を開いてくれるようになるんですよね。

それに、親御さんへの連絡のプリントなんかにもササっと簡単な似顔絵を描いてあげると親御さんも喜んでくれるんです。

 

もう最近では、もっと描いて!って子供にお願いされちゃいます。

まぁ毎回同じ絵を描いているんですけど。わざわざ隣のクラスから似顔絵を描いてほしいってやって来る生徒もいるくらいなんですよ。。更に、体力が必要なんで、少しでも活動しないとと感じて、早歩きで会社に行ったけど思ったよりもフラフラになってしまい失敗でした。因みに、ビジネスマンとしては月給は不安になりますが、管理職にこっちから所得について意見を告げることって無謀だという気がするものです。それはそうと、改めて考えると、何かもう同僚から見るといつもやることが無いとの認識のようなのですが、正直なところ大正解ではありますが。

 

おすすめの記事