似顔絵の画材と言えば、水彩絵の具、色鉛筆、ペンなど色々ありますよね。
初心者でもオススメの道具はどれでしょうか?
線を書くための道具と肌色などのカラーのための道具を紹介していきますよ。

 

似顔絵初心者におすすめ!筆記用の画材

線を書くための道具だけでも、筆や鉛筆など色々な種類の画材がありますよ。

 

似顔絵を描く快感を知ってからというもの、人の顔を見ると「私ならこうやって描くな」って考えちゃいます。

それ位楽しいのです。今ではポケットの中にペンと紙を忍ばせていて、時間があれば人の似顔絵を描いちゃいます。

 

知らない人の顔ももちろんかいちゃうんですけど、知り合いの顔は言わずもがなですね。食事の時なんかは、おしゃべりしながら、サラサラっと描いてます。すると、不思議とみんな笑顔になるんですよね、これがまた。というか、早目に起床して出勤途中でカフェにてカフェオレを飲みながらニュースアプリを確認して無駄なことをしていると、ここ数日のインスタグラムが関心を惹きますね。むしろ、一日後は昼前だというのに台風でガッカリでしたが思い直して出陣したら、幸運にも1時あたりに日が差してきてラッキー♪しかも、今の高校時代の友達はもう大部分は籍を入れていて5、6歳くらいの御子さんたちがいる人も多いこともあるんですよね。

 

色を塗る画材のおすすめはコピック!?

似顔絵の練習用画材を選ぶときには時間もポイントですよね。
色を塗るベースが乾きにくいと、時間を取られちゃいます。

 

子供に絵を習わせたいと思っていたのですが、なかなか興味を持ってもらえませんでした。

まぁ子供からしたら、机の上の果物が置いてあるような静物画とか、彫刻の像のデッサンとか面白くないのかもしれませんねぇ。

 

そこで、私が夫の似顔絵を描いてみました。こちらはゆるい感じのイラストで、写実的なものではないのですけど、子どもが食いつきましたよ。ちょっとクスっと笑えるような似顔絵イラストは老若男女に人気ですね。そんなこともありましたが、疲労困憊のメンタルを改善すべく飼っている犬を見てみたところ魂もとっても和み気晴らしになりました。あと、木曜日の昼間からスーツで孤独に避暑地をブラブラしていると、次第にやましいような気分になるはずです。更に、いっそ私一人で向かいたかったのですがグループ会社も一緒にと言われてしまい、、持ちつ持たれつもたまには得るものもありますし、何とかして現状を打破したいです。

 

似顔絵イラストにはデジタルツール(コンピューター)を使うのもおすすめ

色紙に鉛筆で下書きをした後にパレットからパステルの絵の具を取って塗っていけば、きれいな似顔絵イラストの完成です。

 

おかげで子供も自分も似顔絵を描けるようになりたい!っていってきます。

まさか、昔ちょっとかじった似顔絵スキルがここで役に立つとは思いませんでしたね。

 

何を言っても言う事を聞かない子供の好奇心がイイ感じに刺激されたわけで、これをきっかけにして息子と娘が絵を描く事の楽しさに気がついてくれたらいいですね。まずは似顔絵をきっかけにしてドンドン上手になっていきたいと思いますよ。それに加えて、勤務地変更してから未経験の状況に適合しづらく、イライラする状況もあったけど、ちょっとずつ焦らずにフィットしてきたと感じるのは良いことです。そういった時は、朝食に加えユンケルを取るとちょっとくらいは頑張れますが、状況が許せばやり過ぎないことが大切に決まっていると考えますので自重するようにしています。実のところ、何となく行ったお店が洒落たメニューが沢山あって、予算も良心的で大変好感を持ったのでリピートする予定です。

 

おすすめの記事