おじいちゃんやおばあちゃんの顔って意外に描く場面もあるんですよね。
子どもも難しいかもしれませんが、慣れないとお年寄りの顔も描きにくいって感じるかもしれません。
ですが、コツを押さえちゃえば、パーツを組み合わせるようにして簡単に描けちゃうんですよ。

老人(おじいちゃん)の似顔絵の描き方!3つのコツ

中年のおじさんから老人のおじいちゃんまで、年齢とともに表現の仕方がちょっとずつ変わってきますよ。

鼻の下が長め

私が似顔絵を描ける事を知っている友人は、ホームページを作る時に私に似顔絵を依頼してきます。ついでに言うと私だってプライベートもありますよ。どんな時も対応可能ということも無いって事実を認識していただきたいですねぇ。

 

顔のしわ

写真画像よりもオリジナリティやインパクトがあるので良いんだとか言う事ですよ。デジタルな世界でも人間味は大切と言う事なんでしょうね。そのうえ、向かいの席の人の貧乏ゆすりが邪魔なので職務に尽力できない場合は、ノイキャンヘッドホンと好みのミュージックでマスキングしています。

顔が全体的に縦長

そんなわけで、私は今日も似顔絵を描いてホームページにアップしようかと考えている次第でございます。因みに、月末なんだから旅行すべしということで業務を終わらせたら直接、高速道路で目指す場所に行ったので結局到着が遅い時間で、、、、

似顔絵が似ない原因は?

老人の絵の特徴としては、髪のボリュームやシワなんかでも表現することができちゃいます!

 

仕事上、外国の人とのお付き合いがあります。まぁそんなに頻繁ではないのですけど、1年に一回くらい会う程度ですかね。

メールはちょくちょく送ってきます。そんな感じなんですけど、クリスマスとか新年になるとカードを贈る習慣があるのですね。

 

今年もハッピーニューイヤーでカードを送ったんですけど、そこに相手の似顔絵を描いてあげました。すると、これがかなり好評でした。ところで、費用が高目でしたら、しんどいのだけど、30日に数回位は良いお店で食事をいただきたいと感じますよ。これ以外には、パンパンの計画の最中に一生懸命になると、どうしてもバイタリティーが少なくなり、ミスも発生し、皮肉なことに面倒ですよね。要するに、日頃は面白くもない風景ばっかり見ているし、久しぶりに自然の景色を感じたいと勘案してみる今日この頃です。

上手にデフォルメするコツ

言語と違って、絵は世界共通、万国共通なので一発でイメージが伝わってイイ感じですね。

好評だったのは良いのですが、こっちにも描いてって色んな人からお願いされちゃう状況でして、まぁ嬉しい悲鳴ということろでしょうか。おかげでコミュニケーションが苦手だった私も、外国人と打ち解けて話すことできるようになりました。他には、出張に行ったんですがコストが高めだったのでTAXIを使うなって言われたので徒歩になっちゃったわけですが、時間が掛かって無益なので却って悪いですよね。それだけでなく、暇つぶしにカフェにてエスプレッソを注文してスマホニュースを読んでいたのですが、近くの人間が激しくやかましくしていて不愉快でした。そんな場合、ここ最近、先輩にもいわれるのですが大型連休まで仕事をしたりフラフラになっても就労したり、、そこまでして頑張るのは異常なのではと。

おすすめの記事