似顔絵イラストを書くときには、モデルの印象をザックリと捉え、ちょっとデフォルメすること。
例えば、髪型とか鼻の位置・大きさなどですよね。
デジタルツールを使っていれば、位置の微調整など簡単です。

似顔絵書き方のコツ1:パーツ自体の特徴を見つけて強調すること!

写真を良く見て、色や形に気をつけましょう。
線の太さなどでも、印象はかなり変わってくるものです。

描くときは、最初は下書きからスタート。ある程度配置と輪郭が決まったら、実践で書き込んでいきます。気になるのはどうやって特徴を掴むのか?いわゆるデフォルメというヤツですね。

 

漫画やイラストの場合はとくに写実的な書き方より、デフォルメした描き方が重要になってきますね。それによって表情が豊かに表現することができるという事ですな。それに、これまで聞いたことが無いことが多かったなと再び体感して大いに驚きでしたが、有益な休日でした。あとは、スマホの応答がスローなのでやむを得ず様子を見てみることにするのですが、少しも直ってくれないため代わりの製品を手に入れようかと思ってますね。他にも、サラリーマンならお給料が重要ですけど、所属長に従業員から月給について本音を伝えるのは困難という気がします。

似顔絵描き方のコツ2:パーツの配置とバランスの特徴を捉える!

モデルのキャラクターを考えて、デッサンする練習は初心者に効果的だと思いますよ。

あまりリアルに描きすぎると、けばい感じになりがちです。だって睫毛や瞳をしっかりと書き込むと存在感が大きすぎですからね。

似顔絵ではもっとライトな絵柄を選択することも考慮に入れましょう。

 

具体的には、余計な多すぎる選を減らす方向で考えてみると良いですね。ちょっとシンプルにするというのがデフォルメの基本になるかもしれません。しかも、この度、お客さんと海鮮の店に行ってみようと思ったのに、非常に混み混みでしたため、そことは違うラーメン屋に行ってしまいました。余談ながら、この数年は結果的にギャラが少しマシになってきたという状況になりましたけど、昔からの習慣が抜けないためパッとお金を使うことが無理なんですよね。そんな状況で8時半から発表会が計画されていたけど私鉄が止まっていてほんの少し遅刻してしまって何とかして現場に着いた時には気まずい感じでした。

似顔絵描き方のコツ3:シルエット(輪郭・髪型)の特徴を捉える!

イラストレーターや画家の場合、細部にも大きなこだわりがあったりします。
ほんの少しの髪の毛のボリュームの違いにも気を配れるようになるといいですね。

 

ここで、さらに特徴を強調するための事を考えてみましょう。例えば、瞳を大きくして見たり、目の縦幅や横幅を広く又は狭くして見たり、といった感じでしょうかね。

 

まぁ目っていうのは不思議なものでちょっと変えるだけでもかなり印象が違ってくるので面白いですよ。

正面から見た絵だけでなく、横から見たときの絵の描き方も覚えておきましょう。さて、買い物の休憩中に視界に入ったのは家族連れが本気で道案内をしていたところでしたが、お世辞抜きで感謝したんです。それに加えて、勤め先での発表会が時間が掛かって終業するのが、ヤバいくらい遅くなったけど、なんとか帰宅しミュージックをききつつ安らぎながら食事をとってテレビでも見ます。さて、どうでもいいようなメールチェックが多く、てんてこ舞いになって落ち着いた勤務が遅れてしまうため、来週から無視しようかと感じたわけですが、困難かなぁ。

 

おすすめの記事