似顔絵イラストを書くには、まずは相手の特徴を捉えることが大切になります。

実際に目の前に相手がいない場合には写真をよく観察するのも良いですよね。

鼻や口の部分的な特徴と共に、全体的な位置もよく見てみましょう。

 

似顔絵描き方の手順1:特徴を捉える

初心者の場合は、プロの画家のように上手に書けないのは当然です。

少し歯がゆい気持ちもあるかもしれませんが、練習すればちょっとずつ上手になれます。

最初のうちは、目立つ部分、特に髪型の描き方を練習するとクオリティが上がりやすいですね。

 

イラストや漫画でも似顔絵テクニックは役に立ちますよね。とくに写実的に書くっていうよりも、なんとなくそれっぽい!っていうのが大切なことも多いもんです。とくに髪とか目、瞳の書き方は慣れないと難しいと思って身構えてしまうかもしれませんけど。

 

そのあとは、目を書き入れていくわけですけど、耳の中央の高さよりもちょっと上に描くことが多いように思います。この辺は絵のテイストによってもちょっと変わってくるんですけどね。縦の位置はそんな感じですけど、横の位置や大きさにも気を付けて下さいね。その上で瞳を配置すると生きた絵になることでしょう。

 

似顔絵描き方の手順2:輪郭を決定

練習ではモデルのキャラクターをよく考えて、バランスを取ることも大切です。

似顔絵をプレゼントすると結構喜んでもらえます。

 

基本的には目も形状が大切ですよね。目と言っても、上瞼と下瞼を意識して、大体の形をとっていきましょうね。人によっては二重の場合もありますし、目元の下瞼には要注意です。大抵のウィークエンドは時間があるので会社に行っても対応可能ですけども、今年度中に有休を取れって言われるのでどうにも予定が立たないではないですか。待ち時間にインスタグラムを読んでみたんですけど、いまいち興味が持てないので通常は見ないアプリケーションを立ち上げてゲーム対戦をスタートすることも時々はあるけどやはり面白くないですね。そして、心配になるほど青ざめた後輩に早目にもう帰ってくださいと申し上げましたが、その分だけ自分のやることが増すのでどうにかします。

 

似顔絵描き方の手順3:パーツの配置を決める

イラスト制作では、どのようなデザインにするのか?あらかじめ考えておいた方が良いでしょう。

アニメ風にして、ちょっとデフォルメすると笑も取れたりします。

 

その後にまつ毛を書くことも考えて、慎重に線を引いていきたいところですね。順番的には、瞳は最後に描くと良いです。最初は目の全体の形(上瞼、下瞼)から書いていった方が形を取りやすいと言えるでしょうね。ついでに、クライアントからの身勝手な要望がちょくちょく存在しまして、だいたいは重要な具合ではないですが、慎重に答えています。そういえば、姉が地方でイチゴを作ってみようとしていると言っていましたが、ちょっと画像を拝見すると、かなり真面目で驚きました。それでいて、いつもは都会の風景ばっかり目の当たりにする状態にいるのだが、久しぶりに山や森を眺めてみたいと構想してみるわけですね。

 

似顔絵描き方の手順4:髪型を書いて完成!着色も忘れずに

目の書き方が分かったら、今度は、その眼を顔のどこに配置するか?これでも印象が大きく変わるものです。その前に大切なのは顔の形、言い換えるなら頭部の形状という事でしょうか。

 

そのため、寒くなってきたので防寒着を買いにいつものお店に訪れてみたのですが、どうしてもしっくりくるものが発見できず来週あたり訪れてみますよ。ちなみに、この度、我が家で飼っている兎さんの1歳のハッピーバースデイってことだったんで、思い切って贈り物をしました。また、少し前の事ですが、一人で地方で用事を済ませた後に他所にて友人と待ち合わせ後、新オペレーションのチェックを済ませる企みがありました。

 

 

おすすめの記事